桐生周辺の郷土再発見

伝統的・歴史的な建造物が多い桐生。

その古き良き歴史を再発見する旅に出かけましょう。

彦部家住宅

彦部家住宅を門の外から撮影

歴史ある彦部家の屋敷は、一見農家風でありながら主屋の中は武家屋敷の備えになっています。

さらには室町風の庭園や、中世の城壁の備えも見られるのです。

岩宿遺跡

岩宿遺跡案内碑

なぜ3万年前の岩宿に人が住んでいたのでしょうか?

大昔にこの地にいた、先人の生活に思いをはせながら遺跡を訪ねてみましょう。

かつての渡良瀬川

渡良瀬川の流れ

私たちの生活に深いかかわりがある渡良瀬川、実は昔は利根川と合流せずに東京湾まで流れていたのをご存じですか?

渡良瀬川の歴史を追ってみましょう。


古代国家毛の国

馬の埴輪

群馬県民ならだれでも知っている上毛カルタの「しのぶ毛の国二子塚」の毛の国とは?

古墳時代に北関東に栄えたとされる古代国家毛の国の謎に迫ります。

桐生周辺の地名の由来

桐生駅の駅名表示板

地名により、その土地の歴史や文化を垣間見ることができます。

郷土周辺の地名の中で一般的に言われている主な由来をご紹介します。

 

白滝姫伝説

平安j台の着物の女性

平安時代に桐生に織物の技術を伝えたとされる白滝姫の伝説です。

伝承を元にさまざまな検証をしてみたいと思います。

 


桐生の標高

馬の埴輪

桐生って海抜何メートルにあるのでしょう?

桐生各地の標高を調べたら、意外なことがわかりました。